精力剤の服用の際に有効な生活習慣の改善と効果的な栄養素とは?

83view

2018.07.30

目次

精力減退の原因について

精力減退の原因として、その大きな割合を占めるものは、「加齢」、「ストレス」、「生活習慣の乱れ」です。これらの原因に対して働きかけていくことで、精力の減退を改善することができます。しかし、加齢は避けられない現実があります。そのため、ストレスと生活習慣の乱れに焦点を当て、改善を図ることが賢明です。

今回は、精力減退に悪影響を及ぼす原因と、その改善策について食生活に注目し、有効な方法と効果的な栄養素について解説します。

精力減退に悪影響を及ぼす原因

精力の減退に悪影響を及ぼす原因はいくつかありますが、その中で改善を始めるにあたり注目したいものとして、「ストレス」と「生活習慣の乱れ」があげられます。精力が減退する大きな原因である「ストレス」と「生活習慣の乱れ」は、大きな影響を及ぼしているとともに、密接に関係しています。

なぜなら、生活習慣の乱れの原因には、ストレスが大きく影響していることが多いからです。例えば、睡眠不足、アルコールの過剰摂取、喫煙、食生活の偏りなどがあげられます。また、ストレスへの耐性が弱まっている状態は、やる気も起きなくなるため、活動量が減り運動不足を招きます。

そして、多くの場合、生活習慣の乱れがさらにストレス耐性を弱めます。このことからも分かるように、この2つは大きく影響しあい、変化していきます。毎日の家庭や仕事の中の人間関係などにおいて、ストレスを減らすことを意識することも大切です。

しかし、それ以上に生活習慣の乱れに対して無理のない範囲で、毎日具体的にできることをしていくことをおすすめします。その理由は、他者との人間関係から影響を受ける割合も少なく、それらに左右されずに行動しやすいという点です。

また、毎日の生活の中で、小さくても「できた」という成功体験を積み重ねていくことで、それらは自信につながり、モチベーションの維持にも大いに期待がもてます。

さらに、その自信は改善が難しいと感じていた生活習慣の大きな課題にも、向き合っていく力を与えてくれます。その変化は結果として、ストレスの耐性力においても、よい影響を与えていきます。

原因となる生活習慣の乱れと偏りについて

生活習慣の改善すべき重要なポイントはいくつかありますが、その中でも取り組みやすい課題のひとつとして、食生活の偏りがあげられます。とても便利な世の中になり、時間がない生活の中でインスタント食品をはじめ、簡単に食べられるものが競うように増えています。

また、それらの情報を広める活動も盛んですから、それらを中心とする食生活に対する危機感が薄れている現状が少なからずあります。しかし、それは精力を減退させる原因のひとつであるとともに、健康を考える上で危機感を持たなければならないことのひとつです。

忙しい生活の中で、それらを利用し、忙しさを乗り越える手段として用いることは、時に必要なことです。しかし、その手段に利用され飲み込まれてはいけません。精力減退を防ぐために、まずはよい食生活をおくることを意識し無理なくできる努力をしていく中で、必要に応じてバランスをとりながら生活していくことが重要です。

精力の増進に効果のある栄養素

亜鉛

亜鉛は、必須ミネラルのひとつであり、精子の質や量に大きな影響を与えます。また、亜鉛が不足すると、精巣の精細管が委縮し、精子の生成やホルモンの分泌の働きによくない影響を与えることが分かっています。それは、性欲を低下させ、勃起時のペニスの硬度の不足や勃起の持続力の低下を招きます。

亜鉛は、タンパク質を中心とした食品に多く含まれています。代表的な食材は、牡蠣、豚レバー、牛肉(赤身)、高野豆腐、うなぎの蒲焼きなどです。

成人男性に国が推奨している1日に必要な亜鉛の摂取量は約10mgです。亜鉛における毒性についての可能性は、極めて低いといわれています。しかし、亜鉛を継続的に大量に摂取することにより、嘔吐や食欲不振、腹部の痙攣や下痢、頭痛、また免疫機能の低下や貧血などを引き起こす原因となります。

ただ、現代の食生活の中では、必要な亜鉛の摂取量を毎日摂取し続けることは困難だと言われています。そのため、食品での摂取に加え、サプリメントなども賢く利用することも効果的です。

アルギニン

アルギニンは、アミノ酸の中のひとつです。実験により、アルギニンの効果は精神的な原因による機能性勃起不全において、効果があるという可能性が証明されています。大豆などのナッツ類やかつお節、ゼラチンや牛肉などにも多く含まれています。

1日に5g摂取することで効果が見られ、それ以下では効果が見られなかったことから、1日に5g以上摂取することが望ましいです。しかし、過剰摂取による副作用として、腹痛や下痢、痛風の恐れがあります。

また、心筋梗塞になったことがある人の場合は、サプリメントの使用を禁止しています。ですから、それらの注意と摂取量を守る必要があります。

シトルリン

シトルリンは、アミノ酸のひとつです。血管拡張作用があるため、血流の流れをよくする効果が期待できます。シトルリンが体内で増えると、アルギニンの量を増やす働きをし、オルニチン回路の活性化を促します。

これは、直接アルギニンを摂取するよりも効果的に、体内でアルギニンの量を増やすことが期待できます。その結果、体内の一酸化窒素の濃度が上がります。一酸化窒素は血管を拡張する作用があるため、血液の流れをよくします。

また、成長ホルモンの分泌も促進します。シトルリンは、スイカ、メロンや冬瓜、キュウリ、ヘチマなどウリ科の食品に多く含まれます。1日に目安とされる摂取量は、約800mg程度です。これは、スイカ1/7個、メロン1.3個などを毎日摂取することが必要になります。

食品からの摂取に加え、サプリメントを利用し1日の摂取量を守り継続してシトルリンを摂取することが効果的です。

ビタミンB群

また、ビタミンB群に含まれるパントテン酸はストレス耐性をつけるのに効果を表します。パントテン酸は副腎の活動を強め副腎皮質ホルモンが生成されることを促進します。そのため、ストレスに対抗する力を強めてくれます。

ペニスの勃起には、副交感神経の働きが重要になってきます。そのためには、精神的にリラックスした状態が必要なので、ストレスに対抗する力を強めることは有効です。水溶性のビタミンであるため、過剰に摂取した場合でも体外に排出されるのですが、サプリメントを利用し摂取する場合には用量を守ることが大切です。

ビタミンB1は、豚肉やうなぎ、タラコやナッツ類に多く含まれます。また、パントテン酸は、レバー類や鶏のモモ肉、ニジマスや子持ちカレイ、また納豆に多く含まれます。ビタミンB6は、牛のレバーやカツオ、マグロやサンマ、またバナナに多く含まれます。ビタミンB12は、牛や鶏のレバーや牡蠣、サンマやアサリ、またニシンなどに多く含まれます。

セレン

必須ミネラルのひとつにセレンは含まれます。セレンは、体内で一部の酵素やたんぱく質を構成します。また、重要な働きのひとつとして、抗酸化作用があげられます。

タンパク質や糖質、また脂質などの酸化は、細胞の性質に変化を及ぼし、機能低下を招くため、エネルギーの代謝が低下します。このことは、肥満などからの循環器の疾患、このことから膵臓の組織が良くない影響を受け、糖尿病になる可能性を高めます。

セレンは、魚介類のマグロやイワシ、アジやカツオや、タンパク質の牛肉・豚肉に多く含まれます。また、穀物の小麦や玄米にも含まれています。

しかし、セレンは毒性が強いです。そのため、必摂取には注意が必要です。過剰摂取を慢性的にすることで、脱毛や胃腸障害、疲労感や焦燥感を感じたり、末梢神経障害などを吹き起こしたりする原因となりますので、サプリメントなどで摂取する際には用量を必ず守る必要があります。

 
 
⇒【人気の精力剤】効果分析&ランキング結果はこちら!
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!