精力剤の副作用にみられるアレルギー反応について解説

79view

2018.07.30

目次

副作用の不安や心配ごとについて

魅力的な効果が期待できそうな精力剤は多くあります。しかし、副作用などの心配や不安から、試してみることを諦めてしまう人が多くいます。それは、精力の衰えに関する悩みを抱えたまま、回復できる可能性を諦めてしまうことになります。

そのため、副作用について正しく理解を深めることが重要です。必要な知識を得ることで、漠然とした不安や心配ごとは減り、自分にできる努力が明確になるため、前向きに具体的な行動をすることができるようになります。今回は、その不安や心配ごとを解消するための必要な知識として、精力剤に副作用として現れることがあるアレルギーについて解説します。

副作用として考えられる食物アレルギーについて

食物アレルギーとは?

人間の体には、免疫反応として、抗体“IgE”がつくられ、体の中に侵入する異物に対して、体を守ろうと攻撃する働きである免疫反応があります。アレルギー反応とは、この反応が過剰に特定の物質に対し反応してしまう働きのことを指します。

食物アレルギーは、主に食べ物に含まれているタンパク質について、体が異物のアレルゲンであると捉えてしまうため、アレルギーの症状として現れます。

食物アレルギーにはどのような種類がある?

食物アレルギーには「即時型食物アレルギー」と、「非即時型食物アレルギー」があります。これらの違いは、食物を体内に摂取してから2時間以内に病状が現れるものが「即時型食物アレルギー」と呼ばれ、「非即時型食物アレルギー」は2時間以上たってから起きるアレルギーの病状を指します。多くの場合は、「即時型食物アレルギー」です。しかし、両方の反応が重なり起こる場合もあります。

即時型食物アレルギーの病状とは?

よく見られる「即時型食物アレルギー」の病状は様々です。蕁麻疹や紅斑、体のかゆみやむくみなどの病状によく現れることが多いです。また、粘膜の症状として、目のかゆみや腫れ、鼻水やくしゃみ、口の中または喉の腫れやかゆみ、イガイガ感などの違和感が現れる場合もあります。

咳や喘鳴(ヒューヒュー・ゼーゼーといった発作に伴い生じる気道音)や呼吸がしづらくなるなどの呼吸器の病状や、消化器の病状である腹痛や下痢、嘔吐などもよくアレルギーの病状として現れることも多いです。

また、皮膚や消化器、呼吸器など複数のアレルギー反応が同時に現れるケースもあります。その際、血圧が低下し、その影響から意識を失うなどの状態が起こる場合があります。これは生命に危険を与える可能性もあります。

また、原因となる食品を摂取するだけではアレルギーの症状は現れず、食品を摂取後、運動することにより、腸において消化や吸収に変化が起き、未消化のたんぱく質が吸収されてアレルギー反応が起こる場合もあります。これまで食物アレルギーの反応が見られなかった人が、突然発症する例もあります。

ですから、服用後、アレルギーの病状など体に何か異常を感じたら、すぐに使用を一旦中止し、医師の診察を受けることをおすすめします。

アレルギー検査は有効?

自分がアレルギー反応を起こす成分が既に分かっている場合には、服用前に成分を把握することで、アレルギー反応による副作用を回避することができます。

しかし、主成分がクラチャダイムやマカ、高麗人参など植物性の成分と、オットセイ、スッポンなど動物性の成分などがありますが、どちらにせよ普段の食生活の中では、あまり食べることのないものが配合されているケースが多くあります。

そのため、多くの人はこれらにアレルギー反応が出るのか、事前に分からないことも多いです。しかし、例えば既に甲殻類にアレルギー反応を示すことが分かっている人は、スッポンなどを主成分とする精力剤を試す前に、事前にアレルギー検査を行うことをおすすめします。

副作用のアレルギー反応を防ぐ方法

副作用を防ぐためには?

副作用としてみられる食物アレルギーの反応は、精力剤に限らず何を食べても起こりうることですが、精力剤を利用する際にもそのことに注意することが大切です。そのために、まず材料や加工などが安全か確認することが大切です。

また、記載されている注意事項をよく目を通し、用法用量を守り、使用することが重要となってきます。また、持病を持っている人は事前に医師に確認をとることをおすすめします。アレルギーを起こす可能性は誰にでもありますが、自分で注意して商品を選び、正しく使用することで、副作用が起こる割合を下げることは可能です。

安全な商品を選ぶ

精力剤には、現在国内外で様々な商品が存在します。しかし、その中で安全が確保されていない商品が存在することも確かです。そのため、事前に、安全が確保されている商品か否かを自分で判断する必要があります。その基準のひとつとして「GMP」が認定の表示があげられます。

「GMP」とは、”Good Manufacturing Practice”の略です。1938年にアメリカの食品医薬品局が、連邦食品や医薬品、また化粧品法に基づき医薬品などの製造品質に関する管理の基準を定めました。

それに伴い、他の国々もこれに準ずる基準を設けました。そして、日本では厚生労働大臣が医薬品医療機器等法に基づき、医薬品等の品質の管理における基準を定めました。ですから、「GMP」の認定がされているということは、その品質管理における基準を満たしているという証明となり、商品の安全性を考える上で、ひとつの判断材料となります。

注意事項を確認する

食物アレルギーのある人は、原材料の確認を必ず行うことが重要です。また、子供の手の届かない場所に保管し、衛生面でも商品の管理に注意することや、賞味期限に関わらず開封後は早めに使用することも大切です。

体調や体質により、合わない場合もまれにあるため、そのときには摂取を中止することや、持病を持っている人など、病院に通院している人や、治療を行っている場合は医師に相談してから利用することが必要です。

用法や用量を必ず守る

用法や用量を必ず守ることもとても重要です。精力剤は、サプリメントのように長期的に服用することが重要になってきます。また、短期的に大量に飲んだからと言って、その分の効果が得られるわけではありません。しかし、一度に大量に飲むことでその副作用のリスクは増大します。

そのため、健康を害する恐れが生じます。このように副作用だけが生じては、自分に何の利益もありません。また、水やぬるま湯で服用することも重要です。

なぜ水やぬるま湯で飲むことが重要かというと、水やぬるま湯以外の飲み物で精力剤を飲む場合、その働きを邪魔する余分な成分を含んでしまったり、体に良くない影響を及ぼしたり、精力剤の適正な作用を妨げてしまう恐れがあるからです。

せっかく飲んでいても、そのことにより体に良くない影響が出たり、適切な効果が得られなかったりする場合、何のために飲んでいるのか分からなくなってしまいます。

副作用のリスクを避け用法や用量を守り安全に継続して利用することが、自分の健康を守り、結局は効果を得ていく最大の近道であることを認識することはとても大切です。

副作用を防ぐために自分ができること

副作用のアレルギーを引き起こす可能性をなくすことはできません。しかし、副作用や使用上の注意点などについて知識を深め、注意して商品を選び安全に使用していくときに、その割合を最大限に下げることができます。また、そうすることでそれらの不安や心配ごとは減り、安心して使用することができるようになります。

そして、精力の増進に前向きに取り組むことができるようになります。自分の健康を守り、副作用のリスクを回避し、精力の減退という問題に継続して前向きに努力できる力は、それ以外の自分自身の人生にも大いに役立ち、良い影響を及ぼしてくれます。

 
 
⇒【人気の精力剤】効果分析&ランキング結果はこちら!
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!