漢方との違いは?夜のために精力剤を選ぶメリットをご紹介!

84view

2018.07.30

目次

夜のために精力を高めたい

誰しもが忙しい毎日を過ごす現代社会において、元気に活力を漲らせて日々を送ることは一生の課題ともいえる重要事項です。それは普段の生活にとどまらず、夜の生活にも欠かせないもの。年齢を重ねた方はもちろん、若い方でも最近夜の元気が足りないと感じている人は多いのです。

そんな元気が欲しい方におすすめしたいのが精力剤です。夜の生活を元気にするために生まれた精力剤は、単純に勃起力を高めてくれるものから、夜に限らず身体に活力を与えてくれるものまで様々。まさに精をつけ、楽しい夜の生活をサポートしてくれます。

しかし、いざ精力を高めようと思った際、精力剤のほかに漢方という選択肢を耳にすることも多いものです。体に活力を与えたり勃起力を高めたりと、求める効果を考えれば漠然とではありますが、精力剤、特に医薬品などと比較しても非常に効果がありそうに感じられる漢方。実際のところはどれほどの効果が期待できるものなのでしょうか。

本日は漢方と精力剤についてそれぞれ詳しく説明し、漢方の効果やあえて精力剤を選ぶメリットについて解説していきます。夜を楽しく過ごすためという目的は同じでも、そのためのアプローチは様々です。人によっても違えば考え方によっても異なる、そんな精力剤と漢方の関係について勉強していきましょう。

漢方とは

漢方は、中国の医学を基にして生まれた日本の医学のことです。漢方医学と呼ばれています。現在の医学として最もメジャーなものは病院での外科手術や投薬での治療などに代表される西洋医学ですが、漢方医学は西洋医学が日本に伝えられる以前から中国より伝来し、国内で独自の発展を遂げた東洋医学の一種、古典医学書で伝えられている薬物療法として数えられています。

東洋医学には漢方医学のほかに鍼灸医学と呼ばれるものもあり、これはいわゆる針治療やお灸の事。針や灸で体の経穴を刺激することで体の調子をよくする治療法です。

漢方医学と鍼灸医学、この2つに共通するのは、病気などの原因を直接治すことが目的ではなく、あくまで患者の身体の様々な機能を向上させ、調子を整えることによって患者の身体自身に治させることです。まさにこれこそが東洋医学の特徴であり、西洋医学と全く異なる部分なのです。

そして漢方医学は、患者の身体機能の改善のために生薬を用います。生薬とは動物や植物、鉱物などの自然に存在するものから生成する薬のことです。西洋医学で用いられる抗生物質などと違い、大抵は食品として扱われるため、副作用などの心配がないことが特徴です。

この生薬は複数の種類を混ぜ合わせることで、特定の効能を強化したり一部の効能を弱めたりと、効能を調整することができます。こうして調合されたものを漢方薬と呼んでいるのです。

先程ご説明した通り、漢方医学は西洋医学と違い身体の機能を向上させることで病気を治す医学のことですから、外科手術で病巣を取り除くといったピンポイントに治療を施す西洋医学と違い、1つの病気を治すために全身を診て処置を行っていきます。

そのため、治療のスピードでは西洋医学に劣るところもありますが、その分、問題を根本から解決することを目的とするために、目先の病気を治療する以上の恩恵を得られることもあるのです。

夜の生活に活力を与える目的としてもこれは同じことで、漢方薬によって身体の調子を整え、全身を元気にすることで結果的に勃起力も高める、という考え方になります。明日の夜のためといった目先の目的ではなく、今後末永く楽しんでいくために身体全体をメンテナンスしていくというイメージで、長期的な目で経過を観察していく必要があります。

精力剤とは

精力剤はそのものずばり、男性機能に関する問題について解決するために作られた薬剤や食品のことです。食品のほかに薬剤も含まれるのは、目的こそ男性機能の向上と1種類しかなくても、それに対するアプローチが複数存在するためです。

夜の生活が楽しめないと一言で言ってもその原因は様々で、その原因に対して合致した効果を持つ精力剤でないと大きな効果は期待できません。具体的には、精力剤には強壮剤と強精剤、勃起薬の3種類が存在し、それぞれが男性機能向上に向けた別々の効果を持っているのです。

まず強壮剤は、身体全体に活力を与えることを目的とした精力剤です。活力を漲らせ、身体中を元気にすることで結果的に男性機能の向上を図ります。薬剤ではなく健康食品に分類されることもあって即効性は期待できませんが、身体全体を元気にすることが目的であるため、その分男性機能以外の面でも効果を期待できることが特徴です。

ここまでの説明を聞いて漢方と似ている部分を感じられるかもしれませんが、それもそのはずで、強壮剤にも漢方と同じく生薬が使われています。マムシやスッポンといった動物由来の物の他にもニンニクや高麗人参、冬虫夏草といった精のつく生薬がふんだんに使われており、男性機能の向上にも大いに役立ってくれるのです。

次に紹介する強精剤も、強壮剤と同じく食品にカテゴライズされるものですが、使用目的は強壮剤とは全く異なります。強精剤の目的はペニスなどの身体機能ではなく、性欲そのものを向上させることです。強精剤は主にホルモンバランスの調整などに作用し、その結果として身体部分というよりも精神面に働きかけます。

また、ホルモンバランスによる勃起力の低下が原因であればそちらにも作用するほか、女性に多い更年期障害にも効果をもたらしてくれるため、精力剤としての目的以外にも使用できるのです。
最後にご紹介する勃起薬は、精力剤の中で唯一医薬品にカテゴライズされる薬剤です。目的は勃起不全などの症状を治療するためのもので、強壮剤と違いペニスに直接的に作用するため、即効性も高く問題の速やかな解消に役立ちます。

医薬品のために病院で処方してもらわなければ入手できず、副作用があらわれる危険もあることは難点ですが、その分、目に見える形で効果を得られることが最大のメリットといえます。

精力剤のメリットとは

精力剤が漢方薬と比較して優れている点は、目的に合わせて複数の種類が選択できる点と、東洋医学のほかに西洋医学を取り入れたものが存在する点です。

基本的に漢方薬による精力増強の方法は、全身の活力を高めることで男性機能も同時に高めてしまおうという考え方です。これは先程ご説明した通り、精力剤における強壮剤の目的とほぼ同じで、実際に生薬を使用している点でも共通しています。

そのため、強壮剤による活力アップこそが自分にとって最適だと考えるならば十分に選択の余地があるといえます。しかし、性欲そのものの減衰や勃起不全という症状こそが原因と考えるならば、漢方薬ではカバーすることができません。この守備範囲の広さは精力剤ならではといえるでしょう。

そして西洋医学です。これには医薬品の勃起薬が該当しますが、全身の機能を高めて治す漢方と違い、勃起不全という症状そのものに作用するために明確かつスピーディに効果を実感できることが最大のメリットといえます。

医薬品には副作用の心配があるために漢方が優れているという見方もありますが、実際のところ漢方にはアレルギーという、天然素材を大量に使用しているからこそ生じる大きな問題があるためにはっきりとした差とはいえません。東洋医学と西洋医学にはそれぞれ強みがありますが、中でも西洋医学の即効性というメリットを最大限に生かせることが精力剤の特徴といえるでしょう。

 
 
⇒【人気の精力剤】効果分析&ランキング結果はこちら!
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!