男性の更年期障害とは?改善方法とおすすめの精力剤をご紹介!

80view

2018.07.30

目次

男性の更年期とは?

男性の更年期障害の症状

以前は女性特有の症状とされていた更年期障害ですが、最近では男性の更年期障害(LOH症候群)もあることがわかってきました。LOH症候群とは late onset hypogonadism の頭文字をとった言葉で、日本語にすると「加齢性腺機能低下症」です。ここでは男性の更年期障害、LOH症候群の症状を精神的なものと肉体的なものに分けてご紹介していきます。

男性の更年期障害の精神的な症状

男性の更年期障害では精神的な面でイライラすることが増えた、気分が滅入りがちで笑うことが少なくなった、記憶力や集中力が低下したなどの症状が見られます。「やる気」や性欲も起こりにくくなってしまいます。シャキッとした元気が出なくなるのが男性の更年期障害の精神的な症状の特徴です。

男性の更年期障害の肉体的な症状

肉体的な症状としては、コレステロール値が高まり内臓脂肪がつきやすくメタボ体型になったり、骨粗鬆症や心血管疾患、糖尿病が起きやすくなります。筋力の低下や耳鳴り、頻尿なども起こります。

性機能の衰えも感じるようになり、勃起障害が起こります。汗をかきやすくなった、体がだるい、疲れやすくなって疲れがとれにくいなどの症状も感じるようになります。

男性更年期はなぜ起こる?

テストステロンの減少が主な原因

心身にさまざまな不快な症状が出てくる更年期障害の原因は、男女ともに性ホルモンの減少が原因です。男性の更年期障害の場合は、加齢で男性ホルモンの中でもで最も分泌量が多いテストステロンの分泌が減少することが主な原因です。

テストステロンの分泌は20代をピークに減少、50代になるとピーク時の半分くらいまで減少します。50~60代を中心に、40代以上の6人に1人くらいの割合で男性の更年期を迎えている人がいるとされていますが、若年化の傾向もあります。女性の更年期ほど知られていないので気づかない人も多く、不調の原因がわからないままになって悩んでいる男性が多くいます。

テストステロンは大部分が精巣で作られます。生殖機能以外にも記憶力など脳機能や、筋肉などの形成にも関わり心身ともに「男らしさ」がある男性的な魅力を持つ男であるために大切なホルモンで、「モテホルモン」といわれるほどです。

男性の更年期障害を起こしやすい人とは?

男性の更年期障害を起こしやすい人の特徴としては生真面目で神経質な人、他人の目や意見がとても気になる人などが挙げられます。こういった人はストレスを感じやすい人でもあり、ストレスからホルモン分泌が減少してしまいがちなのです。ストレスがきっかけとなって発症することも多いといわれています。

男性更年期を改善するためのポイントは?

生活習慣に気をつける

男性の更年期障害の原因になる男性ホルモン、テストステロンの分泌の減少を食い止め、増やしていくには、健康的で規則正しい生活を送ることが大切です。

運動して筋肉をつける

運動にはテストステロンを増やす効果が期待できます。特に筋トレをして筋肉量を増やすことでテストスレロンの分泌を促進できます。引き締まった体型にもなれるので一石二鳥ですね。筋トレは長々とたくさん回数をこなすよりも、ギリギリまで負荷をかけてやったほうが効果的です。腹筋や腕立て伏せなど正しい方法でやる習慣をつけましょう。

質の良い睡眠をとる

テストステロンの分泌量を増やすには、質の良い睡眠も大切です。自律神経がリラックスしているときにテストステロンの分泌が増えます。熟睡できる環境を整えましょう。

食生活を見直す

男性の更年期障害改善には食生活にも注意しましよう。テストステロンを作るには原料が必要です。食材としてはテストステロンを作るのに役立つ硫化アリル・システインを含むにんにくや玉ねぎがおすすめです。タンパク質も必要になります。肉類、卵などからとりましょう。牡蠣に多く含まれる亜鉛も必要です。

ポジティブ・シンキングを心がける

ストレスが男性の更年期障害発症のきっかけとなることからもわかるように、精神面もテストステロンの分泌に大きく関わっています。テストステロンの減少でモヤモヤ、イライラ、クヨクヨが増えて、ネガティブ・シンキングのスパイラルに陥っていませんか。

テストステロンの減少が原因だったことに気づいたら、これまでの負のスパイラルを断ち切ってポジティブ・シンキングを心がけていきましょう。早朝勃起(朝勃ち)しなくなるのはテストステロン分泌量が減少している重要なサインのひとつです。

精力剤で元気を取り戻す!

精力剤で男性更年期の元気をサポート!

日常生活の生活習慣に気をつけてテストステロンを増やしていくことは大切ですが、すぐに効果が期待できるわけではありません。男として頑張りたいときには精力剤で元気を補うのがおすすめです。精力剤にはテストステロンの分泌を助ける成分や、血流を良くして勃起力を高める成分などが入っています。

テストストロンの材料になるアルギニン

テストストロンを作る材料になるアルギニンは必須アミノ酸のひとつで、タンパク質を構成し、精子や筋肉になりますます。必須アミノ酸は体内では作ることができないアミノ酸なので、摂取して補う必要があります。食品ではごま、高野豆腐、落花生などに多く含まれています。

セックスミネラルともいわれる亜鉛

必須ミネラルである亜鉛は、テストストロンの分泌を促進します。精巣で細胞分裂を促す効果があるので、精巣の機能をサポートしてテストステロンの分泌量を増やします。

おすすめの精力剤

食事だけで男性更年期を克服できるだけのテストステロンの分泌を促進する栄養をとるのはかなりたいへんです。栄養が不足した場合、せっかくつけた筋肉が分解されてしまう事になるのでしっかり補いましょう。

アルギニンや亜鉛など、テストステロンの分泌を促進する成分や血流を良くする成分が多く含まれた、おすすめの精力剤をご紹介します。

持続力アップにすこやか工房のマカDX

性欲が湧かない・気力がない・セックスしたい元気が出ないといった「精力不足」に絶大な人気のある精力剤が、すこやか工房のマカDX。「溢れる活力・持続する精力」を実感できます。

特にセックス中の興奮・やる気増大はぜひ実感して欲しい効果です。溢れる活力を実感したい、セックス中のやる気低下をなんとかしたい、中折れすることなく最後まで気持ちよくなりたいという人におすすめです。

マカにはアルギニンやアミノ酸のほか、必須アミノ酸のアスパラギン酸や必須ミネラルとしてテストステロンの分泌を促すマグネシウム、などが豊富に含まれています。飲んで次の日から実感できる即効性も魅力のひとつなので、やる気低下・精力低下に悩みを持つ人にぜひ試して欲しい精力剤です。

勃起力アップにネイチャーシードのクラチャイダム

「精力アップ・勃起力アップ」という目的がハッキリした精力剤です。クラチャイダムという名前のとおり、マカの約2倍ものアルギニン含有量を誇るクラチャイダムを使用した精力剤です。クラチャイダムというのは黒ウコンや黒ショウガとも呼ばれる、タイ産の植物の名称です。タイでは昔から男性の機能アップに効果があるとされて使われてきた植物です。

クラチャイダムはアルギニンのほかに、BCAAや亜鉛、フラボノイドも豊富に含有しているので、マカと同じく男性機能と活力を高めて血流を良くしてくれます。とにかく精力をアップさせたい、性欲を取り戻したいというのであれば、望んだ効果が得られるだろう精力剤です。ダルさや疲れが取れず、頑張りがきかないという悩みをお持ちの方にもおすすめです。

生活の改善と精力剤で男性の更年期障害を吹き飛ばそう

男性の更年期障害障害の主な原因であるテストステロンの減少を食い止めて分泌を促進していけば、年齢のせいだと思っていた心身の不調や男性機能、セックスの悩みも改善できます。

日々の生活での運動、睡眠、食事に注意することに加えて、食事では不足しがちな栄養素を補給できて早い効果が期待できる精力剤を活用して更年期障害のトラブルを乗り越えて、イキイキした頑張りのきく生活を取り戻してください。

 
 
⇒【人気の精力剤】効果分析&ランキング結果はこちら!
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!