50代で精力を取り戻す方法と上手な精力剤の選び方とは

88view

2018.07.30

50代で精力の衰えを感じる理由とは

加齢

人間の体には、色々な臓器や組織、細胞があり、それぞれの役割を担い、体の機能を動かしています。ところが、人間の体にある臓器や組織の働きは年齢を重ねるごとに衰えてきます。男性の生殖機能についても例外ではなく、ほとんどの人が50代ごろには精力の衰えを感じるといわれています。

人間の体の機能は20代がピークで、30代を過ぎたあたりから徐々に機能が低下していきます。男性の生殖機能も同じように、20代はピークで、30代を過ぎると機能が徐々に低下していきます。精子の量や運動量の低下だけでなく、筋力の低下によって生殖器そのものが勃起しなくなったり、性欲が減退したりもします。

体力や回復力の低下

寝不足や疲れなどの肉体的な疲労を感じると、性行為よりも睡眠や休息を求めるようになるため、性欲の減退にも繋がります。さらに、筋肉に疲労がたまると筋力の低下を招くため、勃起力もなくなってしまいます。

さらに、50代になると全体的な体力や疲労回復力も20代のころに比べると衰えています。疲れや寝不足になり、睡眠や休息を取っても回復する前に時間がかかってしまうため、減退した精力の回復を諦めてしまう人も少なくないのです。

今までの生活習慣

精力が衰える原因は多岐にわたり、その中に生活習慣があります。飲酒や喫煙の習慣は、精力が減退する原因にもなります。飲酒によってアルコールが体内に入ると、肝臓ではアルコール分解が起こり、体の中の水分量が失われます。

体の中の水分量が少なくなり、肝臓でのアルコール分解のために血液も肝臓に送られるようになると、生殖器への血液の循環が悪くなり、勃起力が失われてしまいます。

さらに、煙草に含有されているタールやニコチンや、精子の質を低下させたり、血液の循環を悪くさせることによって勃起力を低下させたりします。飲酒や喫煙の習慣を若いときから続けている場合、飲酒や喫煙の習慣がない人よりも精力の衰えを感じやすくなります。

また、インスタントやレトルト、コンビニ弁当や外食などに頼りがちで、バランスの悪い食生活を続けているのも精力が衰える原因です。男性の生殖機能にも深い関わりのある亜鉛やアミノ酸の不足に繋がります。

若い時からの習慣が積もり、50代で生活習慣が原因の精力の衰えを感じることも多くなっています。

年齢からの落ち着き

50代になると、仕事でも一定の役職を与えられていたり、責任のある仕事を任されたりすることが多いです。私生活でも、気力や体力の衰えから、若い時から行っていた運動の機会を減らして新しい趣味を見つけることも。また、子供がいればある程度大きくなっていて、すでに親の手から離れていることも少なくありません。

年齢を重ねることで、生活環境にも変化が起きたり、経験や実績も深くなったりしますので、自分自身も落ち着きが出る時期でもあります。若い時には血気盛んだった人でも、50代になると丸くなることも珍しくありません。年齢的な落ち着きができたことで、性欲が減退して性欲が沸かなくなる人も、50代では多くなっています。

50代で精力を取り戻すためにできることとは

生活習慣を見直してみる

若いときと同じような食生活を続けていたり、喫煙や飲酒の習慣があったりする場合には、生活習慣を見直してみると精力を取り戻すきっかけになることがあります。栄養バランスの良い食事をこころがける、禁煙をする、休肝日を設けてお酒の量を減らす、などです。

無理をしない

若いときのように短い睡眠時間でも活動していたり、疲れを感じても休息を取らなかったりすると、50代では回復力も低下しています。よって、睡眠と休息を取っても疲れがたまったままになってしまうこともしばしばあります。疲れや睡眠不足を感じたら、適度な休息を取るようにして、無理をしないようにしましょう。

また、ストレスも精力が減退する原因のひとつです。責任のある立場になっていることも多い50代は、色々な面でストレスを感じやすい年代でもあります。ストレスを感じたら、上手に解消できる手段を身に着けて、ストレスを溜めない生活を送りましょう。

張り合いや楽しみを見つける

50代になると、子育てや仕事もひと段落して、気持ち的に落ち着きも出る年代です。新しい趣味を見つけたり、奥さんやパートナーの方と旅行やデートを楽しんでみたりするなど、人生の中で新しい楽しみや張り合いを見つければ、気持ちも若々しくなり、失っていた性欲や精力を取り戻すきっかけになることがあります。

適度な運動をする

運動不足になると体の血流が悪くなり、新陳代謝も落ちてしまいます。50代は、加齢によって新陳代謝も落ちているため、適度な運動を取り入れれば、体の血流促進にもつながり、勃起力を取り戻せる可能性もたかくなります。

さらに、運動によって体温があがると、体の代謝も上がって脂肪の燃焼効果も得られます。脂肪が燃焼されると、血中の脂質も適度に体外へ排出されるため、体脂肪も減って筋肉量も上がり、精力や勃起力の向上にも繋がります。

精力剤を使う

男性の体はとてもデリケートで、色々な要因で精力が衰えてしまいます。よって、失ってしまった精力を取り戻すために、多くの男性に利用されているのが精力剤です。精力剤を上手に選んで取り入れれば、50代の方で精力の低下に悩む人の強い味方となります。

50代におすすめの精力剤選びのポイント

生活に取り入れやすいものを選ぶ

50代は、仕事でも忙しい日々を送っている人も多い年代です。精力剤を生活の中に取り入れようと思っても、摂取するのに手間がかかるものでは、なかなか取り入れられません。サプリメントタイプなど、いつでもどこでも服用できる精力剤を選べば、ライフスタイルや自分が精力を得たいと思ったタイミングなどで使えますので、50代の方の生活の中にも取り入れやすいです。

服薬や通院をしている場合は医師に相談してから

精力剤の中には、含有成分によって薬の成分との相性が悪いものもあります。精力剤を導入したい50代の方で、持病があって通院していたり、服薬していたりするときには、精力剤を飲む前に、必ず医師や薬剤師に相談をしましょう。

無理なく続けられるものを選ぶ

精力剤によっては、継続的な服用によって効果が期待できるものもあります。長く続ける上では、生活の中で取り入れやすいものはもちろん、コスト面でも無理なく続けられる精力剤を選びましょう。

さらに、精力剤によっては服用した人の体の状態や体質によって、効果が得られない場合が稀にあります。万が一効果が得られなかった時にも、返金保証が受けられる精力剤を選ぶと安心です。

家族にばれたくない時には配送に工夫しているものを選ぶ

50代の男性の中には、精力剤を服用していることを家族にばれたくない、と考える人も少なくありません。毎月定期的に郵送されてくる精力剤を購入する時には、商品名や企業名の記載のない、無記名の封筒や箱で郵送されてくる、など精力剤と分からない方法で郵送される精力剤を選べば安心です。

50代でも上手に精力を取り戻そう

50代の男性が精力の衰えを感じる理由や精力を取り戻す方法、精力剤の選び方をご紹介しました。ここでポイントをまとめておきます。

  • 50代は、加齢に加えて生活習慣の蓄積、体力や回復力の低下、年齢的な落ち着きが出る人が多いため、精力のおとろえを感じることも珍しくない
  • 50代で精力を取り戻す方法は、生活習慣の見直しや適度な運動、無理をせず休息を取る、張り合いや楽しみを見つける、精力剤を取り入れる方法がある
  • 50代の精力剤選びは、ライフスタイルやコスト面で無理なく続けられるもの、郵送方法や返金保証などの配慮があるものを選ぶか、通院や服薬している場合は医師や薬剤師に相談してから導入する

これらを踏まえて、50代で精力を取り戻すきっかけを得てください。

 
 
⇒【人気の精力剤】効果分析&ランキング結果はこちら!
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!